みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

ホーチミン最終日 飛行機に乗り遅れた原因にオバマ前大統領が影響してた時の話

ベトナム最終日に私は飛行機に乗り遅れました。無事にバンコクへ戻ってくることはできましたが深夜に帰宅するというリスクを犯してしまった上、ベトナムの思い出が苦い思い出に変わってしまうという失敗をしてしまいました。

今回はまた教訓も含め当時を振り返りたいと思います。

 

ホーチミン最後の食事

 

サイゴンチャーミングホステルでの最後の夜は男女混合ドミトリーに入れられた。

(斎藤さんの手違いで)

私のベッドの下はおっさん、隣は欧米人男性(グーガー寝てたが、目が合うとにっこり)、欧米人カップル、わし、もう1人アジア系の女子1人というなんともカオスな部屋で過ごした。

男女混合ドミとかなしだわーと思ってたけど疲れてたら寝れました。

サイゴンキッチュでともだちになったジョイと朝ご飯を食べる約束をしていた私。

ジョイがバイクで迎えに来てくれた。

バイクに乗って街に出るとかおもしろーーい!

f:id:omatsu17:20160524124509j:plain

 

真横にバスが来たり、ギチギチにバイクが並んでたりと交通整備が無秩序・・。

だけど、現地人になったみたいでたのしかった。いい経験させてもらった。

ジョイおすすめのローカルフードのお店でごはん。

f:id:omatsu17:20170520130740j:plain

名前はわからないけど、麺(ミエーン)。さっぱりしていておいしい!

f:id:omatsu17:20170520130753j:plain

 メロンの甘いお茶。これ結構すっきりしてておいしかった!

また来た時に飲みたいなぁ。

f:id:omatsu17:20170520130807j:plain

 麺を食べてる間にプリンも買ってきてくれた。

 

料理を運んでくれた少年にジョイはチップを渡していた。

あーこういう文化があるんだなと。若いもん同士なのに。現地の人と一緒にいるとこういう何気ない文化が見られるのが面白いよなぁ。

 

 カフェでお茶してから、ジョイとはお別れした。

戦争証跡博物館へ行く

帰りの飛行機は3時半。

このとき確か12時半位。

ベンタン市場のバス停から空港までは3,40分。

まだ少し時間があるから、と思い、私は戦争跡博物館へ行った。

f:id:omatsu17:20170520131656j:plain

 

4travel.jp

そこでベトナム戦争時の写真や展示を見たり、ピューリッツァ賞をとった日本人ジャーナリストの沢田教一さんのあの有名な写真を見たりした。

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

1時半位になっていたので、そろそろ時間がやばいなと思いつつもタクシー代をケチり、ベンタン市場のバス停まで徒歩で移動。

バスが来ない

やっとバス停に着いたけれど、バスがいっこうに来ない・・・。

すごく嫌な予感。

バスが来ないことを想定してなかった私はかなり焦っていた。

しかも帰りの飛行機はベトジェット。LCCの為1分たりとも待ってくれない。

やっとバスが来て乗り込んだけど、乗ってしばらくすると渋滞につかまる。

道が全然進まない。

何かがおかしい。

平日の昼間にこんなに混むなんて想定外だった。

時間は刻一刻と押し迫る。

私の焦りはよそにバスのチケット係の男はのんびりしてる。

私が焦って「あと何分で着くの?飛行機に間に合わないんだけど!」って言ったら笑ってたし・・。

もう全く動かないので、これはダメだと思いAir Asiaバンコク行きのチケットを予約した。

 

結局バスは空港に着くまでに1時間以上かかり、私は帰りの飛行機を逃してしまった。

ちなみに、他の観光客も同じような状況だったのか空港をめっちゃ走ってました。

渋滞の理由

私は2年前に韓国旅行でも乗り遅れて大変な目にあったことがある。

omatsu17.hatenadiary.jp

 今回の旅行でも移動はかなり気を付けていた。

なのに、最後の最後でまた飛行機に乗り遅れるなんて。

それも2度も、だなんて・・。いい大人が恥ずかしいし情けなさすぎる。

ベトナム旅行の思い出が自分のルーズさのせいで、最悪な思い出になってしまった。

飛行機を乗り遅れるともう本当に立ち直れない。

空港のご飯はまずいし、高いし、最悪。

私はジョイに今日はありがとう、でも飛行機に乗り遅れたと伝えると

衝撃の事実が返ってきた。

 

今、オバマ大統領がホーチミンに来ていて交通規制が敷かれてるんだよ。

f:id:omatsu17:20160523125926j:plain

えーーーーーー!!!

f:id:omatsu17:20170520141116j:plain

ホーチミンに来た時の様子。

 

いや、道理でまったくと言っていいほど道が進まないなと思ってたけど、

まさか、まさかのオバマ前大統領が影響してただなんて!!

そんな偶然あるか?ってかオバマさんが来てたなんて全然知らなかった。

 と言うことは通常考えられる時間よりもっと早くに出発しとくべきだったんだ。

 

その時に思った。

現地の情報を入手しておくことって大事なんだ!って。

特に一人旅の場合。

馬鹿ですね。

 

帰りの飛行機を待っている間、バンコクにいるサリーとずっとLINEをしていた。

サリーがいつ帰ってくるの?と心配してくれ、そこからずっとサリーとLINEでやり取りをしていた。

帰りを心配してくれる人がいる、こうやって凹んでる時に相手をしてくれる人がいる人の存在が本当に身に染みてありがたかった。

深夜タクシーはぼったくられるからUberを使ったらいいよと言われたけど何かUberの使い方がその時イマイチわからず断念・・。

 

Air Asiaはまたしても平気で遅延し、ドンムアン空港に着いたのは夜中1時近く。

ここからタクシーに乗って(深夜に1人でタクシー乗るのもかなり怖かったけど)

宿に着いたのが夜中2時だった。

 まとめ~反省と対策~

私が今回遅れた理由は2点。

  • 情報不足。バス停から空港までの時間の思い込み
  • 時間が迫っていたにも関わらず、タクシー代をケチったこと。(現地価格で考えてケチるくせが仇となる)

今回は交通規制という事情があったので、たとえタクシーを使ったとしても渋滞にはまって間に合わなかったかもしれない。

しかし本当に急いでるときは後のリスクを考えたら、とにかく現地に少しでも早く向かうこと。こっちの方が大事。(当たり前だ)

馬鹿なりに今回の件での反省&今後は絶対にしない対策を箇条書きで記します。

(あまりにも馬鹿な記述です。)

  • 現地の情報は入手しておく。
  • 特に交通情報は宿の人に確認しておく。
  • 宿から空港までかかる時間をネット情報と相違ないか宿の人に確認する。(私は渋滞を、夕方じゃないから大丈夫、空港まではネットで40分位で行けるから大丈夫と思い込んでいた。思い込みって自分の中で強固なもんだから怖いです。)
  • 私の様に時間にルーズな人は帰りは勿体ない精神を出さず、早めに空港へ向かっておく)
  •  Uberを使いこなしておく
  • 本当に急いでるときはケチらない
  • お土産は買える時に先に買っておく。(これはちょっと関係ないけど。食品とか買いたかったけど最終日でいいやと思ってたら結局買えなくて悔しい思いをしたので。お土産も余裕を持って買うべし。)

 

 本当に馬鹿だなと思うけど、今思えば

自分がいかにルーズで思い込みが強いか知った。

乗り遅れた後の喪失感は半端ない。(お金、時間、精神的なもの)

私みたいな馬鹿は1度では懲りない。

韓国の時の記事を久しぶりに読むとこのときも

時間のルーズさとお金ケチったことで失敗してますね。本当に学習してませんね。

 

まあ・・

旅に出なければ何も学べなかったんだから(こういう事は起きてほしくないけど)

成長の糧としましょう。

そうじゃないと、生きていけない。

と自分を励まして締めくくります。