読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

どうかしてるぜ!韓国!の旅ー最大の事件から振り返る韓国旅行①

こんにちは、久しぶりの投稿です。おまつです。

実は先週、数日間1年ぶりに韓国へ行ってました。

ソチオリンピックのフィギュアフリーは韓国で見ました。

ショートの真央ちゃんの順位が16位と絶望的な時に、敵国韓国へ乗り込むのに勇気がいりました。(笑)

韓国はキムヨナフィーバーで、韓国選手とキムヨナ以外の他国選手はインタビューも映らない、キムヨナの演技が終われば永遠に演技のリプレイ&各国のBBCやらの放送のリプレイ・・とこれでもか!という程同じ演技を見させられ若干恐怖を覚えました・・

最後のエキシビジョンもキムヨナの華麗なるショーの様なサブタイトルがついており

どうかしてるぜ・・と思いましたが。

真央ちゃんの感動的な演技の後のインタビュー等全く見れなかったのでとてもはがゆかったです。

 

それはさておき、私は2012年から2013年の約一年間韓国留学をしており、1年ぶりに仲が良かったお友達にも会いに行ったわけですが。

 

今まで生きてきて最大にアホな事をしてしまいました。

 

今回の記事はその事件から振り返りたいと思います。

 

自己反省とこれを読んでいただくことで何かしら海外旅行の際の教訓になっていただけると幸いです。またはコイツ、馬鹿だなーと思っていただいても結構。それだけアホな事をしてしまいました。

 

人生で初めて飛行機に乗り遅れました。

 帰国便です。

 

航空会社は往復ともピーチ。

ピーチは以前から利用経験もあり、チェックインの時間の厳しさから、今までは絶対に遅れない様気をつけてきました。

 

もう、今更ですが乗り遅れた原因を振り返ると

 

①今回の韓国旅行はなんかめちゃめちゃ疲れた。

勿論楽しかったのは事実だが、いつもなら疲れていてもテンションが上がっているから心地いい疲労のはずが、今回は体が4日間ずっと重かった。

②寝不足、体力低下、物凄い乾燥と喉イガイガ(帰ってからPM2.5だったと知る)

③体のダルさを取るため毎晩1人で晩酌。最終日は1人で焼酎1本呑む!!(これがダメ。)

④ネコに襲われる悪夢を見て「マ!」と叫び起きる。良くない事の前兆?

 

最終日は最大に頭が働いておらず正直時間に気をつけていなかった。(これがダメ。)

まぁ大丈夫だろうと思ってたらあれよあれよという間に時間が過ぎ、

とっくにバスに乗っている時間にまだ乗らず、飛行機出発時間も15分間違え・・もうグダグダ。。慌てて空港行きバスに乗り込んだ。

 

奇跡を祈ったが定刻以上に時間がかかり、空港に着いた時は出発時間の15分前。案の定ピーチのスタッフはいない。

 

でもバスに乗り込んだ時からもうダメだ、とは思ってたから

次の便に乗ろうと覚悟はしていた。

この時もなんだか頭が働かず、乗り遅れてることが他人事の様だった。

 

スマホで次のピーチの便を調べようとした時、スマホを汚い水の上に落とすという惨事。しかし、アイフォンカバーが守ってくれ中身は無事だった。

しかしそこから現実に戻ったのか大量の汗が吹き、自分がやってしまったこと、乗り遅れたという事実が押し寄せてきた。

 

しかしもう取るしかない。

調べると15時の便の次は20時50分・・

え・・待って待って。あと5時間以上まつの??

・・・またヤな汗が噴き出る。

 

予約をする前にもしかしたら早い便があるかもと思い、近くにあった大韓航空にも問い合わせてみたが大韓は19時台で1時間早いがピーチより4000円程高かったのでやめた。

 

しかし、その選択がその後の更なる不幸への道に進むハメになってしまった

 

最終便を無事予約し、次のチェックインまで何となく時間を過ごす事ができ、あとは搭乗するだけまで近づいた。

 

そして搭乗時間になると、霧の影響(後にPM2.5じゃなかったのか?と思うが)で遅れています、とのアナウンスが聞こえてきた。

15分ほどまったのち

 霧の影響でまさかの欠航のアナウンスが流れた・・

 

もう、信じられなさすぎて、言葉を失った。

最終便が欠航ってことは、、仁川空港でまさか野宿??

 

帰るはずだった日本人たちは一斉にラインで家族や友達に連絡を取り始めた。

明日バイトの初日なのに!終わった!なんて言ってる大学生もいた。

 

そして自分は免税店で買い物をしなかったからよかったが、免税店で買い物をした人は一旦全部返してくださいと言われていた・・そこでまた混乱の嵐。

韓国スタッフと大喧嘩する大阪のオバチャン。

 

殺伐とした状況で、ピーチの韓国スタッフも完璧ではない日本語での対応なので今からどこへ連れて行かれるのか、どういった対応をしてもらえるのか、詳しくは言ってもらえなくて、必死で自分の下手な韓国語で会話した。彼女らの日本語を聞き取るより、自分が韓国語を聞き取った方が正確だと思ったから。少しは勉強しておいてよかったと思った。

そして、チケットの番号順に並べられ、電車でターミナルに移動し、また入国ゲートに戻り、振替又は返金の対応でまた並び・・

ここまで、自分の番が来るまで3時間以上かかったと思う。

 

一方でフィリピン行きの飛行機も欠航になった様で、韓国のオッサンがグラホのおねーちゃんと大喧嘩。「ケーセッキャ!(韓国の悪口)なんできちんと説明しないんだ!どーたらこーたら」キレてたらグラホのおねーちゃんがカウンターからマイクで応戦していて、ちょっとウケた。東南アジア系の人達は諦めが早いのかマイペースなのかゲラゲラ笑ってるおっさんとかいて、現場はカオス。

 

ピーチは欠航になった場合、振替か返金だが、振替も結局は元々の予約席の空いた分を取り合う事になる。しかも今は春休みシーズン。

振り替え便に乗せてもらえるだろうという甘さがあった。

自分の番号が来るまでにどうやら明日、明後日までの飛行機は満席だという話が聞こえてきた。

終わった・・・どうしよう。明日帰れるのか?!

友達のお姉さんに現地発の航空券も買えるサイトを調べてもらい、購入しようとするも、空港wifiのサーバーが12時過ぎた辺りからつながらなくなった。(ライン、カカオは入った)

 

どうしようもなくて妹に自分の代わりにチケットをとってもらえる様お願いするが、

妹はネットが苦手なうえ、やり方がわからない、購入しようとすると海外のサイトにいきなり飛ぶとかで結局購入できなかった。

 ネットはつながらない、どんどん減っていくバッテリー。

 妹に頼むのは断念して、とりあえず、wifiカードを買いにコンビニへ。

しかし何故かそのカードが現金でないと買えないと言われ(ウォンはすべて円に換金済みだった)仕方ないから海外キャッシングしようと思いグローバルATMを使おうとしたら電源が切れていた。。

絶望が続いてもうわけがわからなくなる。

 

地下にサウナがあると聞いたのでもしかしたらそこでネットが使えるかもと思いすがる思いで行ってみたが満席で入れなった。

 

できることはやってみたが、もう野宿するしか道は残されていなかった。

 この時確か夜中の1時半位。

 他の日本人たちは団体で来ているが私は1人。寒いし、明日帰れるかもわからない。

 物凄く心細かったし、

なんであの時ちゃんと乗らなかったのか、最大に自責の念に追い詰められ発狂しそうだった。

なんで私今も仁川にいるの?明日バイトなのに。。いい歳になって何やってんだろう・・

自分を責めるには時間が十分だった。

 

最初地下のベンチで寝ていたが心細さと自責の念で発狂しそうだったので

テレビがあるベンチに移動した。

そこには何人か人がいて、iphoneの充電ができた。助かった。

あまりにも疲れてウトウトするがテレビが爆音ですぐに起きてしまう。

お尻が痛い。

気づけば4半過ぎ。。

 空港はこの時間から既にザワザワし始めていた。

 

朝にカウンターに行って直接買うしかないと思ったので

再び起きてカウンターの方へ移動した。

 

つづく。

広告を非表示にする