みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

リゾバの理想と現実~リゾバ2週目~

こんばんは。おまつです。

年末年始フル稼働して新年3日目にしてやっとお休みをもらえ屍と化してました。

昼まで寝、動画を見、食ってはまた寝の繰り返し。

外に出る元気もなくやっと夜が更けた頃にのそのそと温泉に入るために外出。

売店で買った酎ハイを楽しみに寮に戻って飲もうとしたら手元が狂い缶をひっくり返して半分位酒がなくなりました。冷蔵庫を前に座り込んでしまいました。絶望。

この言葉が頭の中を駆け巡りました。そんな新年。

年末年始。世間が1年の疲れを癒している間、私たちは働いています。

何も感じることなくただ働いています。

ここは本当に隔離されているので、地方から来た社員さんは帰省することも許されません。正直ちょっとかわいそうだなとは思う。

年末年始のリゾバはメリットないです。ほんと、正月手当ほしい。手当ないとやってられない。そんな不満で始まった新年。

 

ここの現場をやめる!と決めて残り2週間。

短いようで長い。

労働時間が長いから。

交渉してやっと毎日10時間半。。。

他の調理の派遣さんも残業60時間超えしてるらしく、これ以上超えたらヤバイ的な会話を社員としていて驚愕しました。これが普通って。。稼げるとかの問題じゃないし、ここまで拘束されてまで稼ぎたくない。

お客さんにとっては特別な時間、空間だがただただ働くものにとっては地獄でしかない。

ここは、前回も述べたが生活環境はそこまで悪くないし食堂のごはんも美味しい。

温泉も入れる。

ただ、つまらない。

私にはしっくり合わない。

一緒に頑張る人がいたり、愚痴を話す相手がいないから。

人の動かす力って大きいんだなと感じる。

現在の私の友達は9割テレビのお笑い番組(テレビに本当に感謝)か、1割ベトナム男子。(癒されはするが言葉が通じなさ過ぎて時々めんどくさい)

 

あと思ったのが派遣会社のリピーターが多いの一言に安心してはいけない。

なぜならリピートするかどうかの基準は当たり前だが人それぞれだからだ。

リピートする人が多いからと言ってそれが自分に当てはまるとは限らない。

実際ここの現場を1年契約している人もいるらしいが、私にはしっくり合わない。

 

派遣スタッフが少ないこともあるが、その少ない派遣スタッフもなぜか高齢男性が多い。(40~60代のおっさんが多い)寮も男女共同だが連れ込むとかありえない。

女性も寮でめったに出くわさない。初日以来二度と姿を見てない人もいる。

隣の部屋の人なんか明らかにドア開けたのに私がドア閉めるまで待ってたからな。あまり交流したがらないのかもしれない。

孤独も悪くはないが、ただつまらない。

そして人間関係構築に失敗したからやたら職場の人に気を遣う。

これでは時間が勿体ない。

次は自分に合うかどうかはわからないが移動するしかない。もう博打でしかない。

人生は選択の連続。

まさにリゾバは博打。その前に労働時間やら環境やら派遣会社に確認をしておくことをおすすめすることはもちろんだが、どんな現場も来てみないと本当にわからない。

ただ、わかったことは私にとってはどんなに良い環境でも人と交流できないと味気ないんだなということ。

 

今の仕事中のちょっとした楽しみは和食のおじさん達を観察すること、おしゃべりすること位。調理はおじ様、翁好きにはたまらない、個性的なおっさんパラダイスだからだ。