読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそっかすの唄

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

みそっかすが1人で2週間旅をしてみた。バンコク1日目前半

朝5時30分に目覚ましが鳴った瞬間から緊張して心臓の高鳴りを覚えた。

 

2年ぶりの海外旅行。

しかもこんな2週間の大移動の旅に、緊張して顔は強張るし、トイレに何回も行きたくなる。とういか、飛行機乗る前に何回行くんだ?って位水分が出るわ出るわ。

今回利用したのは、ベトナム航空。

日本→ホチミン経由→バンコク

直行便は楽だけど高い。

LCCは何かあった時の保証がない。

中国経由は激安だけど経由時間長い。

初めての1人旅なので、

長すぎない経由(3時間。いいのか悪いのかわからん)でまぁまぁな値段だったのでこれに決めた。

往復で手数料込みで43,000円。

 

f:id:omatsu17:20160529225006j:plain

 

青緑色の基調とした機体。

CAさんがアオザイを着ています。

f:id:omatsu17:20160529225529p:plain

 

写真でわかりづらいがアオザイが体にピッタピタなジャストサイズな上、

横のスリットから肌が見えてるのでみんなこの服をブラ1丁で着ていることになる。

アオザイってそんなセクシー衣装とは知らず。

確かにかなり胸の形が映っていたし、美人CAさんなら尚更エロい。

 

中に入ると、

路上でバイタクやってそうな感じのかりあげ男性CAがいた。

あんまりホスピタリティ精神はない感じ。

そいつにトイレ借りていい?と聞いたのが今回の旅の英語デビュー。

非日常にちょっとずつ楽しくなってきた。

でも離陸の瞬間はやっぱり怖くて泣きそうになった。(いい大人です)

 

f:id:omatsu17:20160510115239j:plain

f:id:omatsu17:20160510115429j:plain

 

緊張をほぐそうとして最初のドリンクはスパークリングワイン、昼飯時はビール。

昼飯時の皆のガッつき様と早食いにちょっとびっくり。

食べようとしたら、

いきなり気流の乱れでグラグラに揺れだしてむちゃくちゃ怖かったし早速乗り物酔い。。

 

f:id:omatsu17:20160510162546j:plain

 5時間ほどの飛行の後、ホーチミンタンソンニャット国際空港に到着。

この空港、何もない小さい空港だよと聞かされていたがマジで何もなかった。。

端から端まで歩くのに10分あれば足りる位。

働いてるベトナム人も暇そうだった。

3時間の間、今後のルートを考えたりしたけど

暇つぶし用にせっかく本を買ってきたのにバックパックに預けたままで読めず・・(-_-)

 

 

そして聞いてはいたがベトナム航空は遅延の常習犯らしい。

バンコク行きも30分~1時間ほど遅れての搭乗。

 

このホーチミンバンコク便に私的イケメン男性CAがいた。

東方神起のユンホ似で髪は刈り上げでばっちりとかためている。

なんかベトナム航空男性CAさん刈り上げが多かった。

 

f:id:omatsu17:20160530233314p:plain

イメージ画像です。

 

デキる男はシャツから違う。

皺のないぱりっとしたシャツの下には、

鍛え上げられた筋肉がうっすらと映っている。

 

テキパキと仕事をこなしていくユンホ。

英語も堪能だ。デキる男だ、ユンホは。やっぱり磨かれてる男は違う。

 

ユンホのプライベートはどんなだろう・・

ユンホが機内食を配っている間、

プライベートの、Tシャツと短パンで、普段はバイクに乗っているユンホが

ホーチミンの雑踏の中、迎えに来てくれる姿をずっと想像していた。

ああ、抱かれたい。

 

妄想にひたっている間に私の元に来た。

 

このとき特に飲みたくもないけどセブンアップを英語発音してみたいだけでセブナップを頼んだ。

だいぶ心に余裕がでてきたみたい。

 

またせっせと用意してくれる頼もしい我らがユンホ。

「Thank you 」と言ったら

「Cheers」って言ってくれた。

トクン・・キュン・・・

 ああ、行かないでユンホ・・

私達まだ話すことがあるわ・・

 

何度も隠し撮りを試みるも周りの目もあり、ちゃんと撮れなかった・・

写真お願いしたらよかったな。

でも乙女は恥ずかしくてできないもの。

もう1度会いたくて期待したけど、帰国便は見事にジジイ揃いだった。

 

ユンホにもう1度会いたい。

 

 

 次回バンコク到着~宿到着で早速タイの洗礼を受けることに。