みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

バンコク1日目後半 野犬、ごみの山、スラム街?初日からバイタクデビュー

やっとこさバンコクスワンナプーム国際空港に到着。

この空港、2006年に新しく開港した新しい空港です。

f:id:omatsu17:20160510205221j:plain

タンソンニャット国際空港がかなりしょぼかっただけに、広い!綺麗!

 

次の日はミャンマービザを取ろうと決めていた為、

ビザ代と、プリペイドSIM分だけ両替する。

今思えばビザ代なんてここで両替しなくて全然良かったけど・・

 

ゲートを出て早速AISのSIMを購入。(支払いは現金のみ)

タイはフリーwifiが飛んでいると聞いていたので、現地SIM買うか迷ったけど、

タイには1週間いるし念のため購入。

結果的に、無料通話分もついてるしすごく便利だった。

(後にトラブルも発生したし・・)

正直あまりfree wifiが飛んでいる印象はなかった。。

wifiは基本カフェとか店に入らないとなかったし。

 

空港からタクシーは使わず、エアポートレイルリンク安全に安く宿まで移動。

エアポートレイルリンクの改札付近にも両替所のsuper rich発見。

しかもさっき両替した銀行よりかなりレートがいい・・クッソ!

 

エアポートレイルリンクの中はなぜか線香のにおいがした。

あと、軍の警察の人も乗ってきて腰にデカい銃を所持しているのを見て

ジロジロ見てしまう。

もうここはタイランドなんだ。異国なんだ。。

 

朝5時からの移動でこのとき夜20時位・・(ゲエ)

今思い出してもちょっとびっくり・・既にグッタリだった。

 

エアポートレイルリンクとMRT(地下鉄)をつなぐマッカサン駅で乗り換える。

モアっとした熱気で一気に汗だくに。

激しいバイク音とクラクション。

なんかわぁわぁ言うてる、、

列を成してないバンコクの渋滞をバイクがすり抜けていく。。

 

f:id:omatsu17:20160510202540j:plain

 

バンコクでの宿はここ。

www.agoda.com

アゴダのレビューや、旅人さんのブログですごく高評価だったのでここに決めた。

駅から遠くはないが、道がわかりにくい、野犬が夜はうろついているというレビューが気になっていたが・・

 

最寄りのクインシリキットコンベンションセンター駅に到着。

ここまでは順調だ。あとは宿に辿り着くだけ・・・・

 

ハイ、、、

案の定道に迷った!!

まず、日本と比べて道が暗いことにびっくり。

道なりに進んでいくと、早速野犬がうろうろ・・・

ドブ川が流れる橋の付近にバスを待つ人達が真顔で座り込んで待っている。

道路の脇に、座ってぶつぶつ1人言を言っている老婆が2人位いて、

急に怖くなってきた。それになんか獣臭い・・・

 

道なりに歩いて途中路地に入る、とブログでは書いてあったが、

そのドブ川の橋の路地の先は真っ暗(来た当初はそう見えた)

え、ここを歩くの?まさか!と思いドブ川橋を通り過ぎ、もう少し進んでみたが

やっぱり路地がない・・(当たり前だ)

昼間はこんな感じの通り。夜は暗い。

 

f:id:omatsu17:20160513112457j:plain

どうしよう。聞くしかない。

若者に話しかけるが、英語が話せないから笑顔でかわされてしまった。

ちょっと凹む。

 

だれか捕まえないと!

大きい建物(会社?)の警備員さんに声をかける。

おじさんが全く英語がわからず、

通りすがりの女性2人を捕まえてくれた。

女性2人も英語が堪能というわけではなかったが、宿をネットで調べてくれ、

電話をかけてくれた。

うわ、いい人。。

しかし、グーグルに載ってる宿の電話番号がファックスの番号を載せてるらしく

「ファックス」と言われる。

まじかい!

 

タイ語で何かやり取りしていたがどうやら女性達が宿まで一緒に歩いてくれるぽかった。とにかくサンキュー、サンキューを言いまくる。

 

そしてやはりまたさっきのどぶ川の路地で立ち止まる。

そこで女性達がバイタクの兄ちゃんに道を聞いてくれていた。

さっき知り合ったばっかりだけど、完全におまかせモード。

 

待っていたら突然女性から

「10バーツ!」

え・・?バイタクに10バーツ払って行け!という。

 

ブログではこの通りから5分もかからない距離と書いてあったのだが・・

「え、歩けないの?」

「ノー!10バーツ!」

 

たぶん女性達も面倒になったのかもしれないし、

私も暗い道を1人でさまよい歩く体力も持ち合わせていない。

それに暑い!!!怖い!!!臭い!!!

の、3重苦?だったし。

もう面倒くさいのでバイタクに乗ることにした。30円だし。

 

東南アジアに来たらバイタク移動してみたいなーと思っていたがまさか到着初日に乗ることになるとは。しかも本当に2,3分の距離(笑)

でもこの距離で何匹も野犬を見たこと、謎のゴミの山を通り過ぎて

一体どんなところに宿があるんだろうと不安になった。

 

f:id:omatsu17:20160512195702j:plain

昼間のゴミ山。

 

21時。やっと宿に到着・・

つ、疲れた・・・

宿のフロントの女の子は親切だったが、英語が聞き取れず、凹んだ。

 

部屋に入ると誰もいなかった。

ふと我に返る。

 

もしかしてものすごい所に宿をとってしまった?

早速アジアの洗礼を受けた感じ。

この先2週間も本当に大丈夫か凄く不安になってきた。

本当に私なんかが2週間1人旅なんてやっぱり無理だったんじゃないか、とか。

凹んでる最中、誰か帰ってきた。

日本人2人である。

「え、日本人ですか?」

うわーーー。なんかすっごいホッとするーー( ;∀;)

 

バンコクカービングを勉強しに来ているサリーと、

世界一周を5月から始めたばかりの大学生のミウちゃん。

2人とも、すごく感じがいい。

ここまで道に迷ったこと、早速バイタクで来た話をすると笑って聞いてくれた。

やっぱりこの宿、一度は皆道に迷ってるみたい。

あと、夜中と早朝は野犬に噛まれた人がいるから気をつけて、と言われた。

 

凹んでたけど、話をしていくうちに気持ちが落ち着いてきた。

言葉が通じる安心感ってすごいぜ・・。

 

気づけば1時間程話してる中で「なんか夜遊びしたいですよねー」という話に。

 

・・・きた。

 

私、バンコクではビザを取る以外に特別したいこともなかったのだが、

1つだけ行きたい所があった。

それはゴーゴーボーイのショーである。

簡単に言えば男性のストリップショーみたいなもので

お客はほぼゲイで、気に入ればボーイを持ち帰る事も可能な、風俗も兼ねたエンタテイメントだ。(たぶん)

一般客(ノンケ)も入れるらしい。

 

事前に行ってきた人のレビューや、youtubeでゴーゴーボーイの動画を見て予習もした。しかし、さすがに1人では行けないので誰か一緒に行けたらなと思っていたら、

まさかのむこうからの夜遊びの提案!

 

私はすかさず

「ドリームボーイっていう店のゴーゴーボーイショーが見たいんですけど!」

 

「ゴーゴーボーイってなんですか」と聞かれたがゲイがパンツを脱いであそこを隠しながらくねくね踊りますとは言いずらかったので、

とりあえず「ゲイのショーです」と言っておいた。

 

2人ともノリがよく、引かれることもなく(内心は不明)じゃあ明日ご飯食べてから行ってみようということになった。

 

嬉しいー!早速遊んでくれる人が見つかるなんて。旅ってスゴイ!旅人優しい!

その後、キッチンでインドネシア人と世界一周したタイ人に出会うが2人ともいい人だった。

インドネシア人は半分以上コミュニケーションとれなかったけど、野犬の話題で

「犬怖いよねー!」って盛り上がったのがうれしかった。

 

なんかこの宿、外の環境はすごいけど、宿の中は快適だしすごく感じがいい・・

 

 

とりあえず初日からハプニングだったけど無事に宿に辿り着いて終了。

この日のご飯はカップラーメンだった^^;

 

2日目はミャンマービザ取得と衝撃のショーを目の当たりにすることに。。

 

広告を非表示にする