読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそっかすの唄

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

ゆづくん・・・えろくすぶり

こんばんは。おまつです。

 

最近、配膳の仕事で生計を立ててる友人に頼んで

友人と一緒に結婚式の配膳の仕事に入りました。

ホテルの社員からは「コイツら」と言われ下僕扱い。

ただ1つだけ誉められた。

 

「オマエ、シャンパン注いだことあるか?」と聞かれ

イラっとしたので珍しく毅然とした態度で

「いいえ、ありません。」と答えたら

「はっきりしてて気持ちええわ」

と言われました。

それ以外はボロカスな扱いでしたが。

 

10個は下であろうベテランの大学生の男子に

「オマエ」呼ばわりされ、怒られ、もっと凹みました。

年下からドSに扱われるプレイをされている、と

思わないとやってられません。

 

そもそも体育会系の理不尽な上下関係に慣れてないからか、

オマエとか言われると超屁理屈の文科系は

「私にオマエと呼ぶ理由を述べよ。人間は自由・平等・友愛のもとに・・(割愛)」

となるわけですよ。

 

体育会系の人って理不尽には慣れてるイメージなんだよな。

それにもう、2年前までできてた無茶がもう体力的に無理。

体力は5時間程で切れていて残りの5時間は気力で乗り切ってる感じ。

配膳は給料は他と比べて格段にいいけど・・

私には向いてなさそうです。

 

そしてとりあえず年末まで都会まで出稼ぎすることになりました。

事務と軽作業。

やっぱり事務に行きつく訳か。

でも事務も本当は向いていない。

 

会社までホテル街を通って行くんだがこの間道端で使用済みのコンドームを見た。

 

こんな町中のどこに青姦のポイントが。。

やはり都会は謎である。

 

前置きが長くなったがフィギュアグランプリファイナルシリーズの中国大会。

羽生結弦くんがアクシデントで一時騒然となりましたね。

ゆづ婆ば(ゆづくんファンを勝手に命名)の母も

「ゆづくん。もういい、あたしゃ見てられない。やめて」

とハラハラしながら見守ってました。

 

ゆづくんを心配しつつ、

まったく関係ないけど今大会7位の

イスラエル代表のアレクセイ・ビチェンコ選手の名前がエロくて

そちらの衝撃もせめぎ合ってた。私のなかで。

「実はこいつフィギュアやってなかったらダサいだろうメガネ男子選手(長い)」

ハビエルフェルナンデスより上位にくいこんだ。

私のなかで。

なんかコイツださいんだよなぁ。

 

 

 

ビチェンコが思い出せなくていつもビチャンコって言ってしまう。

 

疲れた時は下ネタ言いたくなるんだよ。

 

 ※ビチェンコ選手です。