読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそっかすの唄

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

ペクスの日常

ペクスとは韓国語で二ートを意味する。

世の中には金のあるペクスと金のないペクスが存在する。

私は後者である為小金を稼ぐため9月はなんだかんだと短期アルバイトでせっせと

バイトをしていた。

 

イベントの資料封入作業で。

住所が印刷された宛名シールを封筒に貼っていってたらつい手がすべって

かなり斜め貼りをしてしまった。

どうしようか、と思ったがええい!と斜め貼りのモノも混ぜて作業続行。

後にアラフォー女性に

「なにこの斜めに貼ったん!誰?」

バレた。

全員注目。

そのうちの1人が

「かなりアバンギャルドやなぁ」

一瞬誉められた気がした。

が、挙手するのが怖くて黙ってた。

アラフォー達から嫌われている男性正社員のせいにした。ごめん。

 

 

今日は某大手エージェント会社に就職相談。

私みたいに転職回数が多い奴は本当に毎回履歴書を書く度

クズが露呈されて凹む。

バカボンのパパみたいに、

ぜーんぶ

バカ田大学卒業、とか

バカ田株式会社入社って書けたらいいのに。

 

私のことを知る為に

高校時代から現在までをさかのぼってあれこれ聞かれた。

一瞬、ロッキンオンの30,000文字インタビューみたいな、自分がアーティストで

取材を受けている錯覚に酔いしれた。

人間、自分の話を聞いてくれるのは気持ちのいいものである。

質問の中で

なぜかどういった大学を志望してたか、最終的になぜその大学へ行ったかを

つっこんで聞かれて、

苦笑いしながらチュートリアルの徳井さんと同じ答えをした。

「そこしか受からなかったからです。」

 

それとも、千鳥の大悟の

「わしにはわからん。アホじゃけぇ」の方が良かったか。

 

最終的に、

「転職回数が多いので(転職は)厳しいと思ってください、」と言われた。

そのエージェントの人曰く、例えば結婚を考えてください。と。

結婚で例えると、

私はバツが4回ついている状態らしい。

バツ4って

ロックスターやん!かなりファンキーやん!子供めっちゃおるやん!

 

そんな話を母としてたら再放送の番組で

ユージがバツ1子持ち女性と結婚して、連れ子の父親になれるか、葛藤のエピソードが再現VTRと共に流れてきた。

ユージがバカと思ってたらいい奴でちょっと泣けた(笑)

 

ペクスは今日も生きています。

明日から10月。