みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

今更ながら夢の寺小屋行ってきたときのレポ【2014年】

8月のお盆。

台風の土砂降りの中。

岡山で初めてじゅんを見た私はもっとじゅんを知りたくて

「夢の寺子屋」初参加した。

夢の寺子屋は京都の旅館「銀閣」の宴会場で毎年夏に開催されるトークイベント。

旅館を借り切ってるため、大体予定終了時間の2,3時間はオーバーする。

実は2年前リリーさん(リリーフランキー)の寺子屋には参加したことがある。

その時のリリーさんの印象はやっぱりリリーさんって狂ってるんだな。ということだった。なんか、怖かったんだよなぁ。リリーさん。

さて、じゅんの寺子屋は、じゅんと、泉麻人山田五郎安斎肇のメンバーで構成される、京都大修学旅行。

夢の寺子屋 2014 in-aca × ginkaku みうらじゅん×泉麻人×山田五郎×安齋肇 京都大修学旅行 at 銀閣

 

 

結果的には私はこっちの方がリラックスして楽しめたなぁ。

こちらも事前に悩み相談のアンケート提出がありましたが、

リリーさんの時に心臓が痛かった思いがあるので今回は辞めときました。

でも、4人は紳士なので(じゃぁリリーは・・笑)

特に壇上にあげることもなく、読まれた人はプレゼントが優先的に貰えるので

来年はちゃんと書こうと思いました(笑)

 

お話は勿論面白くて時間もあっという間で最後に恒例の

じゃんけんプレゼント大会の時間になりました。

(随分はしょったな・・)

 

悩み相談が読まれた人からプレゼントを渡されるんですが、安斎さんが

「人前に出ることが恥ずかしいと相談をしてくれた○○さん!」と言ってしまって

ちょっとブーイングでした(笑)

せっかく伏せてたのに!(笑)最後にバラしてどうする!

もう安斎さん自体がゆるキャラだね。

 

中に、強烈な相談者がいて

50歳の教師に恋をしている25歳の女性に恋している男性の話で(全員教師だったかな)その女性とは1度関係を持ってしまってでもその女性が○○(たぶん性癖?)が好きでどうたらこうたら濃い内容が読まれまして。

 

プレゼントを貰う男性が壇上にあがる度ちらほら「あの人かな・・」と疑惑が

湧きおこりました(笑)

 

 

みなさん、このじゃんけんの為にプレゼントをいっぱい持ってきてくれ(事務所に眠ってるものでは?とも思ったけど笑)

じゅんは毎年恒例らしいTENGAを25個位持ってきてた(笑)

 

f:id:omatsu17:20170409003217p:plain

 

あ、女性用のIROHAも持ってきてましたね。じゅん、女性用も使ってみたらしい(笑)

なぜ自身のブログにTENGAを載せるのか(笑)

TENGAはご存知の方も多いと思いますがオナホール

つまり、男性の性の快楽の道具ですね。

 

このじゃんけん大会、

会場の半分位の人は何かしら貰えるんだけど(それ位お客さんに当たる様に持ってくるって皆いい人だな~)

なかなか安斎さんとのじゃんけんが当たらなくて、

「じゃぁそろそろTENGAだすよ~次のじゃんけん勝った人はTENGAだからね~!」と、山田さん。

ええ、まさか、そんな時に限ってじゃんけん勝っちゃいました(笑)

当たった人は壇上まで取りに行くんですが「え、女性いるよー!」と言われ。

ちと恥ずかし。

でも目の前にじゅんやら山田さんやら。

舞い上がる。

 

初めて見る現物のTENGA

でけぇ・・

でも、TENGAもらってもなぁ・・○○○無いしなぁと困惑してたら

じゅんが考えてくれて

「えー今こんなのしか(メモ帳)ないんだよなあ。TシャツもLサイズだし、、

あ、これあげる!」

とじゅんが差し出したのがこの本

 

ぶっちゃけ、きょーみねー(笑)

 仏教系の大学出たけど!仏教の勉強も一年したけど!仏像のグラビアは興味ない(笑)

でも帯にも考えるな!って書いてるし考えちゃ

いけないんだと思う。

 

そして私は見逃さなかった。

 

その時のじゅんのサングラスの中の目が笑ってたのを見た!

その目が優しかった!!

 

やっぱり、あの岡山の最後列でじゅんに性を感じたのは間違いじゃないと確信した(笑)

 じゅんと握手もしたんですが、じゅん、ぎゅっと握手してくれましたよ。(一方的意味深)

ああ、やっぱ思い続けてると近づけるんだな、と確信(一方的)

 

岡山の体育館の最後列から数ヵ月後手を握るまでの進歩・・そして物品までいただいて・・・

何かが始まりそうな気がする!(一方的)

 

 終了後は

いい気分でビール1杯飲んで、京都タワー撮って、帰ってきました。

 

おまけに(いらんと思うが)じゅんの若い頃作った名曲。

「愛らしく」を聞いてお別れしましょう。

これ、口ずさんじゃうよ!


みうらじゅん 愛らしく - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする