読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

ホーチミン最終日 飛行機に乗り遅れた原因にオバマ前大統領が影響してた時の話

ベトナム最終日に私は飛行機に乗り遅れました。無事にバンコクへ戻ってくることはできましたが深夜に帰宅するというリスクを犯してしまった上、ベトナムの思い出が苦い思い出に変わってしまうという失敗をしてしまいました。

今回はまた教訓も含め当時を振り返りたいと思います。

 

ホーチミン最後の食事

 

サイゴンチャーミングホステルでの最後の夜は男女混合ドミトリーに入れられた。

(斎藤さんの手違いで)

私のベッドの下はおっさん、隣は欧米人男性(グーガー寝てたが、目が合うとにっこり)、欧米人カップル、わし、もう1人アジア系の女子1人というなんともカオスな部屋で過ごした。

男女混合ドミとかなしだわーと思ってたけど疲れてたら寝れました。

サイゴンキッチュでともだちになったジョイと朝ご飯を食べる約束をしていた私。

ジョイがバイクで迎えに来てくれた。

バイクに乗って街に出るとかおもしろーーい!

f:id:omatsu17:20160524124509j:plain

 

真横にバスが来たり、ギチギチにバイクが並んでたりと交通整備が無秩序・・。

だけど、現地人になったみたいでたのしかった。いい経験させてもらった。

ジョイおすすめのローカルフードのお店でごはん。

f:id:omatsu17:20170520130740j:plain

名前はわからないけど、麺(ミエーン)。さっぱりしていておいしい!

f:id:omatsu17:20170520130753j:plain

 メロンの甘いお茶。これ結構すっきりしてておいしかった!

また来た時に飲みたいなぁ。

f:id:omatsu17:20170520130807j:plain

 麺を食べてる間にプリンも買ってきてくれた。

 

料理を運んでくれた少年にジョイはチップを渡していた。

あーこういう文化があるんだなと。若いもん同士なのに。現地の人と一緒にいるとこういう何気ない文化が見られるのが面白いよなぁ。

 

 カフェでお茶してから、ジョイとはお別れした。

戦争証跡博物館へ行く

帰りの飛行機は3時半。

このとき確か12時半位。

ベンタン市場のバス停から空港までは3,40分。

まだ少し時間があるから、と思い、私は戦争跡博物館へ行った。

f:id:omatsu17:20170520131656j:plain

 

4travel.jp

そこでベトナム戦争時の写真や展示を見たり、ピューリッツァ賞をとった日本人ジャーナリストの沢田教一さんのあの有名な写真を見たりした。

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

1時半位になっていたので、そろそろ時間がやばいなと思いつつもタクシー代をケチり、ベンタン市場のバス停まで徒歩で移動。

バスが来ない

やっとバス停に着いたけれど、バスがいっこうに来ない・・・。

すごく嫌な予感。

バスが来ないことを想定してなかった私はかなり焦っていた。

しかも帰りの飛行機はベトジェット。LCCの為1分たりとも待ってくれない。

やっとバスが来て乗り込んだけど、乗ってしばらくすると渋滞につかまる。

道が全然進まない。

何かがおかしい。

平日の昼間にこんなに混むなんて想定外だった。

時間は刻一刻と押し迫る。

私の焦りはよそにバスのチケット係の男はのんびりしてる。

私が焦って「あと何分で着くの?飛行機に間に合わないんだけど!」って言ったら笑ってたし・・。

もう全く動かないので、これはダメだと思いAir Asiaバンコク行きのチケットを予約した。

 

結局バスは空港に着くまでに1時間以上かかり、私は帰りの飛行機を逃してしまった。

ちなみに、他の観光客も同じような状況だったのか空港をめっちゃ走ってました。

渋滞の理由

私は2年前に韓国旅行でも乗り遅れて大変な目にあったことがある。

omatsu17.hatenadiary.jp

 今回の旅行でも移動はかなり気を付けていた。

なのに、最後の最後でまた飛行機に乗り遅れるなんて。

それも2度も、だなんて・・。いい大人が恥ずかしいし情けなさすぎる。

ベトナム旅行の思い出が自分のルーズさのせいで、最悪な思い出になってしまった。

飛行機を乗り遅れるともう本当に立ち直れない。

空港のご飯はまずいし、高いし、最悪。

私はジョイに今日はありがとう、でも飛行機に乗り遅れたと伝えると

衝撃の事実が返ってきた。

 

今、オバマ大統領がホーチミンに来ていて交通規制が敷かれてるんだよ。

f:id:omatsu17:20160523125926j:plain

えーーーーーー!!!

f:id:omatsu17:20170520141116j:plain

ホーチミンに来た時の様子。

 

いや、道理でまったくと言っていいほど道が進まないなと思ってたけど、

まさか、まさかのオバマ前大統領が影響してただなんて!!

そんな偶然あるか?ってかオバマさんが来てたなんて全然知らなかった。

 と言うことは通常考えられる時間よりもっと早くに出発しとくべきだったんだ。

 

その時に思った。

現地の情報を入手しておくことって大事なんだ!って。

特に一人旅の場合。

馬鹿ですね。

 

帰りの飛行機を待っている間、バンコクにいるサリーとずっとLINEをしていた。

サリーがいつ帰ってくるの?と心配してくれ、そこからずっとサリーとLINEでやり取りをしていた。

帰りを心配してくれる人がいる、こうやって凹んでる時に相手をしてくれる人がいる人の存在が本当に身に染みてありがたかった。

深夜タクシーはぼったくられるからUberを使ったらいいよと言われたけど何かUberの使い方がその時イマイチわからず断念・・。

 

Air Asiaはまたしても平気で遅延し、ドンムアン空港に着いたのは夜中1時近く。

ここからタクシーに乗って(深夜に1人でタクシー乗るのもかなり怖かったけど)

宿に着いたのが夜中2時だった。

 まとめ~反省と対策~

私が今回遅れた理由は2点。

  • 情報不足。バス停から空港までの時間の思い込み
  • 時間が迫っていたにも関わらず、タクシー代をケチったこと。(現地価格で考えてケチるくせが仇となる)

今回は交通規制という事情があったので、たとえタクシーを使ったとしても渋滞にはまって間に合わなかったかもしれない。

しかし本当に急いでるときは後のリスクを考えたら、とにかく現地に少しでも早く向かうこと。こっちの方が大事。(当たり前だ)

馬鹿なりに今回の件での反省&今後は絶対にしない対策を箇条書きで記します。

(あまりにも馬鹿な記述です。)

  • 現地の情報は入手しておく。
  • 特に交通情報は宿の人に確認しておく。
  • 宿から空港までかかる時間をネット情報と相違ないか宿の人に確認する。(私は渋滞を、夕方じゃないから大丈夫、空港まではネットで40分位で行けるから大丈夫と思い込んでいた。思い込みって自分の中で強固なもんだから怖いです。)
  • 私の様に時間にルーズな人は帰りは勿体ない精神を出さず、早めに空港へ向かっておく)
  •  Uberを使いこなしておく
  • 本当に急いでるときはケチらない
  • お土産は買える時に先に買っておく。(これはちょっと関係ないけど。食品とか買いたかったけど最終日でいいやと思ってたら結局買えなくて悔しい思いをしたので。お土産も余裕を持って買うべし。)

 

 本当に馬鹿だなと思うけど、今思えば

自分がいかにルーズで思い込みが強いか知った。

乗り遅れた後の喪失感は半端ない。(お金、時間、精神的なもの)

私みたいな馬鹿は1度では懲りない。

韓国の時の記事を久しぶりに読むとこのときも

時間のルーズさとお金ケチったことで失敗してますね。本当に学習してませんね。

 

まあ・・

旅に出なければ何も学べなかったんだから(こういう事は起きてほしくないけど)

成長の糧としましょう。

そうじゃないと、生きていけない。

と自分を励まして締めくくります。

ホーチミン3日目 おしゃれ雑貨サイゴンキッチュに行って来て友達ができた

ベトナムはご存知の通り、大昔は中国に侵略され、やっと中国を追っ払ったと思ったら今度はフランスがやってきて、という常に侵略され、戦かってきた歴史を持っている。

負の歴史もあるけど、中国とフランスの文化をうまい具合に融合させてるのもベトナム。ガイドブックにも載っている有名な雑貨店サイゴンキッチュへ行ってみた。

ちなみにスイティエンパークでバテた後にまた歩いて店まで向かった。

今思えばかなりの体力があったと思う。異国にいる時のパワーってすごい。

 

サイゴンキッチュはドンコイ通りというところを歩いていく。

この辺はベトナムの富裕層が沢山住んでいるところらしい。

確かに、なんとなくおしゃれな雰囲気。

外国人オーナーの店が多いとのこと。

 

サイゴンキッチュ到着。

f:id:omatsu17:20170514124016j:plain

 

ミスターバインミーかわいい。

f:id:omatsu17:20170514124115j:plain

雑貨の色がポップでかわいい!

ベトナム戦争時のプロバガンダデザインのものや、キャラクターパロディを使ったユニークなデザイン、ミスターフレンドリーなどのキャラクターものも、あった。

デザイナーはフランス人。ポップな色使いが心躍らせる。

でも、値段は日本で買うのと同じくらい、高い。

ビニール素材のポーチをお土産と自分用で購入。色々あるけど魚柄を購入。

なかなか日本にはないデザインだから。値段は普通に400円位した。

「saigon kitsch poach」の画像検索結果

 

色々見た中で、女性の顔がプリントされたカラフルなトートバッグを買おうと思い店員さんの女の子にどれが人気か聞いてみた。

女の子はカタコトだが簡単な日本語が話せた。

彼女の名前はジョイ。

この店はテレビの取材もくるらしく「もやサマ」でさまぁ~ずが来店した時の動画を見せてくれた。

すごくフレンドリーだ。

彼女は、英語も下手な私からしたらペラペラで、よく喋る。

なんか、自分の意見を主張する強さがある。

英語は独学1年で話せるようになったらしく、今度は日本語を勉強中と言うので、

なぜ日本語を勉強してるか聞いたところ

「日本人はよく店に来るけど簡単な英語もわからない人が多いから、

私が日本語を勉強した方が早いと思った」と。。

うん、なんかごめん。(笑)自分含め日本人英語喋れなくてごめん!

と思わざるを得なかった。

色々話してたら

「あなた、1年勉強したらもっと英語上手になるよー」と言われ

そこから仕事そっちのけで私への英語レッスンが何故か始まった。(笑)

この英文読んで!違う!everythingのvの発音はこう!とか言われてジョイのペースに巻き込まれた。喉は乾くし、店内は冷房があまりきいてない為汗ダラダラ。

いいのか?店。と思いながら。

 

でも彼女とのやりとりが楽しくて私は今晩夕食でもどう?と誘ってみた。

残念ながら仕事が終わるのが遅いらしく明日出勤前までなら時間があるから、宿まで迎えに来てくれると言ってくれた。やったあ!

 

という事でベトナム最後の日は、知り合って1日目の友達とお昼ごはんを食べるという素敵な1日になる予定だった。そこから最後にして最大のアクシデントをしでかしてしまうのだがまたそれは次回のお楽しみに。。

 

おしゃれな店内。

f:id:omatsu17:20170514124700j:plain

高くて買えなかったブッダキャンドル。

f:id:omatsu17:20170514124828p:plain

購入したバッグ。2000円位したよ。このバッグは色んな女の人と、カラーがあるよ。

f:id:omatsu17:20170514112401j:plain

もし行かれる方は、お店の看板娘、ジョイさんは常にお店にいるので気軽に日本語で話しかけてあげてください。彼女の日本語の勉強になります。

(若い眼鏡をかけた女の子です)

 

 

 この後またテクテク歩いて行き、暑いから大企業のビルの中に入ってみた。

サムスンとか日本の大企業の支店とかが入っているようなビル。

世界中のエリート達がここに集まって仕事をしている。

このビルに入っていくベトナム人、駐在外国員は皆身なりが一流だった。

半パン、サンダルで小汚いのは誰もいない。

ドラマでしか見たことないキャリアウーマンスタイル、ヒールで颯爽と外へ出るベトナム人キャリアウーマン。

汚いTシャツ、バッグ、半パン、ノーメイク、ユニクロブラトップなわて・・。

人間は本当に皆平等なのだろうかというフランス革命家さながら考え込んでしまった。まあ自らの低位置を感じただけだけど。

そんな富裕層ビルを見上げながら路上で食すフォー。

 

f:id:omatsu17:20170514125729j:plain

韓流ドラマの野心丸出しヒロインなら今はここでフォーを食ってるけどいつかこのビルの最上階レストランで食事してやる!とか言ってそう。

f:id:omatsu17:20170514130158j:plain

  少し歩けばマジェスティックホテルがあったり、オシャレなイタリアンレストランとか、さっきまで見てていたような、道端に寝転がったり座ってる人なんていない。

ベトナムの闇を見た気がした。

どこの国でも感じるあからさまな貧富の差。

なんとなく切なくなりながらホテルへ戻った。

ホーチミン3日目 変なもの好きにオススメ!憧れのスイティエンパークで1人遊園地デビューした日

私は旅する時は所謂みんなが行く様な観光スポットより、

地元の人が集うディープゾーンや、変な場所とか物が好き。

できるだけ面白い場所に身を置きたい。

今回は奇界遺産という写真集を見てからずっと憧れで

行きたかったスイティエンパーク編です。

 タダでバス停へ

まずはベンタン市場のバス停に向かって出発!

毎度の如く迷子になって

女性に話しかけたら日系企業に勤めてる人で日本語がカタコトだけどわかる人だった!

そのやり取りを聞いていたバイタクの兄ちゃんがバス停まで何故かタダで送ってくれることに。

「え、いいんですか。本当にタダですか?(失礼だが確認)」

「はい、ベトナムではよくありますから(本当?!)」

よくわからんけど「これに乗ってください!」と言われ乗ったら本当にタダだった。

疑ってごめん><両手で握手したらちょっと笑ってくれた、お兄さん。ありがとう!

 19番のバス(その他も行けるバスがあったと思うんだけど忘れました)

からローカルバスでスイティエンパークへ!

バスの中がぬるい。。ハエがブンブン飛んでる。嫌だ。。

暑くてバスの中でぐったり。

1時間ほどしてスイティエンパークへ到着!!

 

スイティエンパークへ到着

スイティエンパークは、まーこれ他のブログにもたくさん書かれてますから

まとめ読んでください。

matome.naver.jp

 

私がここに行きたいと思ったのは佐藤健寿さんの奇界遺産を見てから。

ヴィレッジヴァンガードとか絶対おいてますよ)

変なものが好きな人は絶対おすすめ!

f:id:omatsu17:20170513123735j:plain

f:id:omatsu17:20170513123745j:plain

文字の看板がでかすぎて写真に収められない!すぐそこ道路だし・・。

 

 

 さっそくベトナムネバーランドへ入ってみる

f:id:omatsu17:20170513134805j:plain

入場料は1人9万ドン。約450円です。

どんどん値上がりしているようですが日本に比べればまだやすいですね。

 

ここの遊園地、とにかくオブジェの巨大さが半端ない。

平日に行ったのでまばらにしか人はいなかった。

外国人の女1人でうろうろしてるから結構見られた。

またおひとり様デビュー更新です

 

 

f:id:omatsu17:20170513134957j:plain

象牙が支えるゲートをくぐります。

f:id:omatsu17:20170513135017j:plain

赤い布に願いを書けば叶うと言われている木。

人がいないので不気味に映る。

 

 

あの奇界遺産の表紙になったプール!

f:id:omatsu17:20170513135040j:plain

おおおお!目の前にすると感動。ベトナムの初代国王様らしい。

f:id:omatsu17:20170513135052j:plain

誰もいなかった。次回行った際は中に入りたいな。

f:id:omatsu17:20170513135200j:plain

ベトナムを中心としたこの世界に君臨するお釈迦様、両脇には金剛力士像。

f:id:omatsu17:20170513135234j:plain

力士像の背景には西洋風の雪のお城。

もう世界観がむちゃくちゃ。

f:id:omatsu17:20170513135308j:plain

そしてここからは急にエジプトの世界に。

f:id:omatsu17:20170513135320j:plain

圧巻!

でも何を表したいのかは不明。でもとにかくでかい!

f:id:omatsu17:20170513135339j:plain

いくら人が来ないからってやる気ねーな。まあ暑いし平日やしな。

f:id:omatsu17:20170513140835j:plain

f:id:omatsu17:20170513135247j:plain

ここからお花とフルーツの世界へ。

フルーツと花が巨大すぎて怖い。壺から虹の液体が流れてるのも怖い。

f:id:omatsu17:20170513135402j:plain

このパーク、とにかく広大。ディズニーランドとシーを足してもこっちの方が広いらしい。

歩いて感じるのが、奥に行けば行くほど人がいないので無音。巨大な物体。私。

巨大なテーマパークを1人で歩くのは結構怖い。

f:id:omatsu17:20170513135415j:plain

巨大な造花群。怖い。

f:id:omatsu17:20170513135603j:plain

多分パレード用のもの。顔面が二面あるアボカド?キモカワイイ気もする。手前のは何?銃?

f:id:omatsu17:20170513135426j:plain

突如現れる畑?完全に土地を持て余してる。

f:id:omatsu17:20170513135451j:plain

無許可のドラえもん。。

f:id:omatsu17:20170513135505j:plain

スイティエンパークのダメなところはクーラーのきいた休憩所が一切ない!!

このとき気温が38度位。暑くて暑くてヘトヘト。正直とても食事しようという気にもならなかった。こんなに広いのに冷房のきいたレストラン1つ位あってもいいのに。

あと、この時すごくウ〇コしたかったんだが、スイティエンパーク、

紙が一切置いてない!!!トイレは至る所にあるけど、紙がない!!!

皆どうしてるんだろう。

 

ハリーポッターという名前のお化け屋敷。

ベトナム人は何を考えてるんだろう。。。

真夏の太陽で意識朦朧としながら本気で思った。

f:id:omatsu17:20170513135534j:plain

f:id:omatsu17:20170513135545j:plain

 

f:id:omatsu17:20170513151018j:plain

 看板がレトロです。

 

f:id:omatsu17:20170513135653j:plain

誰もいないワニ園。ワニ達と私しかいない。ここで間違えてワニに食われても

誰も気づかなさそう。

f:id:omatsu17:20170513135719j:plain

 

f:id:omatsu17:20170513135805j:plain

こんな楽しそうなパレードの看板があるけど、一切パレードは見られなかった。(ほぼゲリラ的に行われるらしい。)

スタッフのお姉さんに今日はパレードないんですか?って聞いたら、パレードって単語がわからず、自分の最大限の持てる力で発音して、スペル書いてもわからずで諦めた。。

f:id:omatsu17:20170513135820j:plain

 最後はまた巨大なオブジェ。

f:id:omatsu17:20170513150825j:plain

 

まとめ

とにかく何がなんだかわからなかったが、堪能した気がする。

暑いので体力は万全にして行った方がいい。

特に大きい方は済ませてから行ってください!

今度行ったときはアトラクションもいくつか乗ってみたいと思います。

 

無計画でパクチーの種まきしたよ

こんばんは。おまつです。

昨日から張り切ってチャレンジしてみたパクチー水耕栽培二日目です。

 

omatsu17.hatenadiary.jp

 

昨日水に1日目浸した種をスポンジに植えてみました。

今回は早速、考えなしが招く失敗やらかしてます。

 

種を全部水に浸してしまった

気づくんです。

遅いけど。

なんか種多くないか

半分割って2倍になってるし多くないか?

スポンジ足りるのか?!

とにかく全部浸してしまったのでやるしかねえ。

なんでこう、計画的にできないんだろ。。

 

スポンジを切るが...

スポンジをチョキチョキ切って、汚れがよく落ちるところ固いところ切って、

切ったスポンジに十字の切り込みを入れていく。

ネットで栽培してる人の記事を見て、そのまま真似したんだけど

スポンジ切る意味あったのか?

固いところ切る意味あったのか?

切ってない人もいるし。

疑問が残る。何が違うの?

 

スポンジ四角に切るの、面倒臭かった〜。

種を入れていくんだけど種が多すぎて、

最後らへんねじ込んでた。

時間がめちゃかかった。。

正直種詰め込んでる感じなんだけどこれダメかしら。。

 

f:id:omatsu17:20170508131053j:plain

 

トイレットペーパーをかぶせる

種を保湿させるために、水に溶けるトイレットペーパーをかぶせる。

美味しくなあれと言いたいところだけど、

一気にトイレ臭発動。臭!

 

今日の反省

今日の作業時間 約2時間。

後の作業ロスに繋がる為、種は計画的に。

 

f:id:omatsu17:20170508223726j:plain

 

 

 

水耕栽培で作る パクチー栽培に挑戦

いきなりですが、昨日からパクチー栽培始めることにしました。

まあ栽培なんて誰でもできるんですが。

今年は料理をしてみたくて。(今年に入って一回も作ってないけど)

パクチー食べたくて。(パクチーのせる料理なんてしたことないけど)

 

パクチー買うより作った方がいんじゃね?のお友達のアドバイスでやってみる運びとなった。

これからは収入ない分、色々生産!

たかが自宅栽培だけど何だかワクワクしてます。

私はマンション暮らしで、ベランダに土を出すと、山から降りてきたからすに狙われかねない。だから普通の栽培は断念してたんだけどネットで調べたら水耕栽培という方法でできるらしい!

水とスポンジとなんか適当な箱があればOK?これなら私もできそう!と言うことで、やってみることにしました。

ちなみに、栽培経験は小学校のあさがお、プチトマト以来ありません!

昔、OL 時代に痛々しい先輩からバジルの苗を分けていただきましたがソッコーで枯らした経験あり!

ズボライェア!

 

早速、パクチーの種購入。

 

f:id:omatsu17:20170507210624p:plain

神戸南京町の中華食材とか売ってるお店で100円で購入。

ちなみにおしゃれ雑貨屋では種が330円でした!高っ!

 

説明を読むと、種を二つに割って、水で1日つけるとのこと。これで発芽しやすくなるらしい


f:id:omatsu17:20170507193516j:image


f:id:omatsu17:20170507193529j:image

指で一個割ってみたら、ソッコーで種が行方不明に。効率悪!

生産かつ効率も重要視したいのでまた検索!

コップでごりごり種を真っ二つに割るのが早い

でも均等に割れない部分もあるのである程度丁寧に。


f:id:omatsu17:20170507193618j:image

細かい目のざるがなかったからそのまま水につける。適当です。ハーブのいい臭い。

 

今日はここまで。

作業時間5分。

 

育てて食べられるまでがんばるぞー。

何かパクチービジネスできないかなぁ。

 

ホーチミン2日目 ベトナム最大の新興宗教カオダイ教&クチトンネルのカオスツアーへ行ってみた!

2日目は色々な方のブログを読んで興味があったカオダイ教ツアーへ行きました!

新興宗教ベトナム戦争時、作戦に使われていた現場に行くツアーって

なんてカオスな組み合わせなんだ。

 ブイビエン通りには色んなツアー会社があって、どこでもやってるんだけど、日本人がよく利用するTNKトラベルで申し込みました。ちょっと値切りにも成功した。

 

朝8時に集合。

途中でバスの集合地帯みたいな所で降ろされ、別のバスに乗り換える。

この時、日本人観光客も沢山いて急に現実に戻された感じが嫌だった。

日本語が聞こえてくるのがね。わがままね。

OLさんとか家族連れの日本人達は殆どメコンデルタツアーとか、シティツアーに消えていった。

まあこんなカオスなツアー興味ないよね。

 カオダイツアーに集まったメンツは欧米人夫婦とかタイ人の若者グループ、日本人はキノコの妙齢女と、背が小さく赤いTシャツを着た猫ひろし似のおっさんの二人だった。

 

このツアーはマイナーな為か英語ガイドしかない。

しかし、今回担当ガイドさんのベトナム語なまりがひどすぎて英語が全く聞き取れない!!!

何これ聞き取れないの私だけ?

あまりにも聞き取れなくて泣きそうになった。

バスを3時間程走らせて現地へ到着。

ぐったり。

 

f:id:omatsu17:20170505204256j:plain

 教会正面。

f:id:omatsu17:20170507125817j:plain

カオダイ教ベトナム語: Đạo Cao Đài / 道高臺)は、1919年1920年説あり)、ゴ・ミン・チェウ(呉明釗、ベトナム語: Ngô Minh Chiêu / 吳明釗1878年2月28日 - 1932年)。五教儒教道教仏教キリスト教イスラム教)の教えを土台にしたことから、カオダイ=高臺(高台)と名付けられた。

 by wikipedia

 

宗教施設とツアー会社がタッグを組むというのも日本では考えられない。

場所はホーチミンから100キロほど離れたタイニン省のホアタイン県という所にある。

ガイドさんが色々説明してくれるけど、なんせ聞き取れないので全然情報が手に入らず。

カオダイ教の人達はここで暮らしている人も多いらしい。

中は自由に見学できますが、入ってはいけない領域を踏むと怒られます(笑)

 

f:id:omatsu17:20170505210120j:plain

 ご本尊の丸いのが天眼様!

宇宙の原理、宇宙の至上神を象徴している。

うん、まさにコスモを感じる。

天眼様グッズとか作ればいいのに。

 カラフルな袈裟を着た人は徳が高い人。

f:id:omatsu17:20170505211506j:plain

フリーメイソン好きにはこのマークはワクワクする。

f:id:omatsu17:20170505211346j:plain

礼拝の風景。

柱のテーマパーク感がすごい。

f:id:omatsu17:20170507125756j:plain

 

f:id:omatsu17:20170505211756j:plain

f:id:omatsu17:20170505211746j:plain

12時の礼拝の二階の様子。

二胡で演奏しながらお経タイム。

観光客の私たちは訳がわからない。

f:id:omatsu17:20170505212159j:plain

とにかく色んな宗教をごちゃ混ぜにした宗教というのは分かるんだけど外から傍観しただけでもう少しネットで得られる以外の情報がほしかったなぁ。

 

次はクチトンネル。

南ベトナム解放戦線の拠点地。

こういう歴史にまつわる場所にいくのは好きです。

f:id:omatsu17:20170505214328j:plain

ベトナム人は自ら攻撃は行わず、すべて手作りでトラップを作っていたそう。

そのトラップ作りに女性兵士も活躍したらしい。

何度も書くがガイドさんの英語がひどすぎて別のツアーのガイドの英語を聞きだす始末。

f:id:omatsu17:20170505215437j:plain

f:id:omatsu17:20170505215449j:plain

手作りトラップ。

f:id:omatsu17:20170507130011j:plain

f:id:omatsu17:20170505215512j:plain

私も穴の中に入ってみたけど狭いし暑いし怖かったです。

観光用にこれでも広げたらしいけど・・。

いくら小柄なベトナム人でもここで生活をして潜んでたって

考えられないです。

f:id:omatsu17:20170507130123j:plain

f:id:omatsu17:20170507130611j:plain

米軍の爆弾をリサイクルして手作り爆弾を作ってます。

f:id:omatsu17:20170507130509j:plain

f:id:omatsu17:20170505215826j:plain

模型かと思ったら生身の人だった。

f:id:omatsu17:20170505215835j:plain

兵士たちが食べていたタピオカ。口の中の水分がすべて奪われます。

f:id:omatsu17:20170505215842j:plain

ダサTシャツのいやげもの

 

1日がかりのツアーだったので結構疲れた。

帰りのバスで猫ひろし似おじさんに話しかけられた。

勝手に怪しんでたけど話してみると案外気さくな人で、元バックパッカーだった。

働きながら週末弾丸で海外旅行をしているらしく、帰国したらその足で出勤すると言っていた。世の中色んな人がいるよなぁ。

 

 今回この記事を書いていて思い出したのが、岩井志麻子先生がベトナムに行く際は必ず読むという開高健先生の本のこと。

良い機会だったからポイントで購入。

今度ベトナムへ行く際は開高健先生の本を読んでから知識を深めてから行こうと思った。

ベトナム戦記 (朝日文庫)

ベトナム戦記 (朝日文庫)

 

 

ツアーから戻った私は宿をお引越し。

次の宿はホンコンカイテキホテルから徒歩10分ほどの

サイゴンチャーミングホステル。

 

www.booking.com

典型的なバックパッカー向けの宿。

入ると斎藤洋介(最近テレビで見ないけど)そっくりのおじさんが出迎えてくれた。

(以下斎藤さんでお送りします。)

ベトナム人にしては陽気で明るい感じのおじさんでちょっと安心。

ベトナムの人はミャンマー人と違ってあまり気軽にニコニコしない印象だったので。

 

ベトナムに来てから、スリに狙われない様にずっと緊張してた。

(いろんな人からスリに気を付けろって言われたし道に座ってるおっちゃんらがみんな真顔で財布を狙ってる様に見えるし。。)

ここのホステルは欧米人も沢山いたけど斎藤さんと皆フレンドリーに話していた。

フレンドリーな欧米人のお姉さんが

「あなたスマホ持ちながら歩いちゃだめよ。昨日もここに泊まってる中国人がiphone盗られたのよ」なんて忠告してくれた。やっぱそうなんだ・・。

 

部屋はドミトリーで下のベッドだからよかった。けどバンコクのデタラクホステルみたく、ベッドにカーテンがないのはやっぱ不自由。

朝7時位に目が覚めたんだけど誰も起きてなくて真っ暗の中荷造りしたり着替えたりは

やっぱめんどくさかったなー。

 

次の日の朝朝食を済まし、スイティエンパークへ行くことを斎藤さんに告げた。

斎藤さんは不敵な笑みで

「スイティエンパークは、ベトナムネバーランドだよ」と教えてくれた。

 

ほう、ネバーランド。。

「ネバーランド マイケル」の画像検索結果

あのマイコーの。俄然楽しみになってきた。

次回はスイティエンパーク編です。

【ベトナム】ホーチミン1日目 有名店フォークインで本格フォーを食べてみた!ブイビエン通りをぶらぶら

ミャンマーロスを感じながらのホーチミン入り。

ホーチミンにいながらも頭の中はミャンマーの思い出でいっぱいな状態。

空港に着いてプリペイドSIMを買ったらSIM屋の女が愛想がなく感じが悪いので

あーミャンマーだったら親切なのにとかいちいち考えていた。

 

f:id:omatsu17:20170505204048j:plain

 

 ホーチミン1日目で泊まった宿はここ。

www.booking.com

ホンコンカイテキホテルというカプセルホテル。

ブイヴィエン通り入ってすぐなのに通り過ぎてしまい、迷った。

ここでもフロントの若い兄ちゃんがやる気ないし愛想はないしで、ちょっと萎えた。

あああミャンマーに戻りたい!!

 

部屋は近未来のカプセルホテルって感じで面白い。

f:id:omatsu17:20170504183320p:plain

清潔でコンパクトにまとまっていて不自由なし。

ただ、カプセルが2階だったのが不満。あと服は干せない。

(無理やり干してたけど)

 

シャワーを浴びて、散策することに。

タオダン公園で地元の人達がスポーツをして汗を流していた。

リスがいるらしいけど私が見たのはねずみのみ。

3か国全部でねずみコンプリート。

4travel.jp

 

f:id:omatsu17:20170504180034j:plain

f:id:omatsu17:20170504180127j:plain

 ジムに行かなくても無料でできるのは良いよなあ。

 

ベトナムはバイクの量が多いと聞いたけれど、歩行者をなかなか渡らせてくれない。

毎回めっちゃ怖い思いをしながら渡っていた。(ビビりなもんで。。)

全然止まってくれないし、直前でよけていくって感じで何回か死ぬかなって思った。

それでも昔よりバイクの量は減ったらしい。

ベトナムでは道路を渡るのが、私にとって毎回ストレスだった。

 

公園を散策していると、1人のおばさんが話しかけてきた。

「あなたのくついいわね~どこで買ったの?」

これはもしや、東南アジアで流行っているイカサマ賭博か?と思い警戒した。

 

そしたらタダの明るい親切なシンガポールのおばさんで

ちょっとベンチに座って友達が日本に行ったのよーとか日本は物価高いわーとか

シンガポールから去年移住してきたの、ベトナム良いわよーとか世間話して、

最後は写メ撮って別れた。なんだ。それにしてもフレンドリーだな。

 

シンガポーリアンのおばさんに紹介してもらい、行ってみたフォーのお店。

フォークイン

 

f:id:omatsu17:20170504180459j:plain

調べたら結構有名店みたいです。

オススメを聞いたらビーフシチューのフォー「フォーボーコー」を勧められるも

まずかったら嫌だなと思いまずは普通に鶏肉フォーとビール注文。

男の子の店員さんがはにかみながら教えてくれました。きゅん。

f:id:omatsu17:20100101000000j:plain

あとで調べたらフォーボーコー美味しいらしいです。次回リベンジ!

 最初にでっかい葉っぱがドン!と出てくる。

葉っぱと、ライムを絞っていただきまーす!

あまった葉っぱは別の客のところにそのまま持って行ってた。

いい加減!

 

あっさり、さっぱりしていておいしい。

旅疲れの胃にやさしい。

ミャンマーでは、そこまで美味しいものが食べられなかったのでテンションが上がってきた!

異国でのビールはやっぱり最高。

 

食べたあとはブイビエン通りを散策。

こんな狭い通りなのにガンガンバイクが来るので危ない・・。

日本のコンビニや雑貨屋、飲み屋、色々な店が並んでいて、お姉ちゃんがいるようなお店も結構あった。

欧米人のおっちゃんが若いお姉ちゃんを買って一緒に飲んで、ディープキスしてるところを見てしまい気持ち悪くなった。

f:id:omatsu17:20170504181421j:plain

ちょっと気になった美容院。

f:id:omatsu17:20170504181431j:plain

頭だけでも洗ってもらうのもいいかも。外国の美容院体験するのも面白そう。

f:id:omatsu17:20170504181442j:plain

ベトナムってフランスの影響があって、広告のデザインとかおしゃれなものが他の東南アジア国に比べて洗練されている印象。

おしゃれなTシャツやさん。Ginkgo(ギンコ)

オーガニックコットン100%で、ベトナムに旅行にきたフランス人がデザインして

始めた店らしい。

安くはないけどかわいいので記念に1枚タンクトップを買った。

2000円前後したので現地の値段だとかなり高い。

Women | Ginkgo T-Shirts

日本人が好きそうなデザインがいっぱいあった。雑貨とかも可愛かったけど普通にいい値段。こんなの地元の人買えるのか?

 

1日目は宿の周りを散策して終了。

2日目は、ベトナム最大の新興宗教カオダイ教見学とクチトンネルツアーに行って来ます♪