みそっかすの放浪日記

みそっかすな三十路の女が色々な事にチャレンジします。主に旅日記や、雑記ブログです。

延長決定、それからまた色々ありました~リゾバ生活4₋6週目~

ちょっと前の記事からまた時間が経ちました。

終わりが近づき、ちょっとここにいてもいいなーなんて思ってたけど結果絶賛延長中。

まあそれもひと悶着あり・・。

生意気新入社員が月初に辞め晴れ晴れとした表情で札幌へ帰っていった。

その新入社員が抜けたお陰でやっぱり人手不足となり、月末までいてほしいと上司からの打診。結構グイグイきて今すぐ派遣会社に確認とって、とか言われてちょっと困った。。人手不足って完全にホテルの都合ですから。

まー月末までならいいかなと思って派遣会社に連絡したところ、次の派遣先はむしろ早く来てほしいとのこと。

月末まで延長できないことを上司に伝えると、まさかの上司オコ。

言葉を選びながら

「ちょっと待って。。派遣会社から途中満了の連絡も遅かった上にこっちの要望も聞けないってそれはないんじゃない?」と。

「おまつさんがここが合わないのは仕方ないとして、派遣会社のその対応どうなの?言ったら契約途中でやめるんだよね?今すぐ派遣会社に確認とって!」と言われ、私も契約満了していないことは申し訳なさもあるし立場が弱い。

これで月末まで残りません!とは言えなくなってしまい、月末まで残ることに。

次の派遣先がキャンセルになる可能性があると言われ半ば諦めてたけど、結局次の派遣先は待ってくれることになり丸く収まったけども…結構モヤモヤした出来事だった。

やっぱりね、満了するのが一番。

 間違いない。

私の部署も人手が足りないと日々痛感するが気づけばホールスタッフもまた1人飛んだり(朝の仕事中にキレて帰った22歳の若者)毎日別部署から社員さんをかき集めて何とかお客さんにサービスを提供している状態。それ以外も、フロントもどこもかしこも人が足りない。

そもそも僻地で人が集まらない上に若手は環境とパワハラ上司に嫌気がさして辞めていくし勿論派遣は延長しない。

ニセコやらトマムのスキー場は人が集まりすぎて派遣スタッフいらない位なのに・・。

 

先週は前働いてたホテルで仲良くなった友達がわざわざ遊びに来てくれて、思い切り喋って、温泉入ってバイキング食べて久々にリフレッシュした。

人との出会いに改めて感謝。

前職で延長してれば、とか色々と考えたりもしたけど、自分の選択にできるだけ後悔しないように前を向いていたい。

それに前職での経験と出会いがあったからこそ、こっちで気づく事も一杯あった。

今ここでしか会えない人との会話、たとえイケメンでなく、今目の前にいる耳が遠くて歯が無い、スナックのお姉ちゃんに貢いでるこのおじさんであっても。


お客さんとのやり取りを笑顔で楽しむ。(余裕を持ちたいけどあれこれやらないといけない時はどうしても雑になりがちだけど・・)

リゾバは行ってみないとわからないから、前職場と比べたり色々不満とかモヤモヤすることもあるけど、どんなところでも楽しみを見つけることが大事だと今回学んだ。

私は今回現部署で人間関係作りがうまくできなくて、未だに上司や社員さんに対して遠慮してしまったり、話しかけるまでに時間がかかる。聞きたいことも聞きにくかったり。

自分がその人に話しかけたりだとか自分が働きやすいように行動することをしなかった。

この反省は次回に生かそう。

どんな仕事にも学びはある。

周りと比べず、自分だけの道を行け!!!

 

隔離された温泉街で起きた事件と少しづつ動きだした人間関係~リゾバ3週目~

こんにちは。

やっぱり労働時間長ぇ~男子学生並みに働いている30代オバハンフリーターおまつです。

先日事件が起きました。

朝、ホールの人たちが〇〇さんと連絡がとれない等言って慌ててる様子。

何が起きたのかなと思っていたら、なんと満了目前の3か月目の派遣さんが夜逃げしたらしい。

普通に見えて、普通に働いてたあの人が!

今朝確認したら部屋の中に荷物がなくなってたらしい。

ここまで働いておいてなぜ?!

計画的か、衝動的かは不明だが、自分がそいつの上司だったら人間不信になりそうな行為だな。

それから彼の空いた穴を埋める為に、ホールでは人が足りない為、調理の方でホールの仕事の人員を埋めたり、休みの人を午後出勤させたり、残った人たちがかなりの迷惑を被ってるわけで。。

やっぱり夜逃げはだめです!

話が通じないよっぽどブラックな場所は別として・・倫理的にやっぱりダメでしょ。

 

ところで今更だが私の労働時間表

朝6時~11時 朝の仕事

11時~16時 中抜け

16時~21時半頃 夕方の仕事

 

中抜けがまぁまぁあるように見えるが11時~12時に昼ご飯食べたらあとは3時間半位しか時間がない。

朝の仕事のあとは大抵クタクタだから昼ご飯食べたら速攻で寝て、気づいたら15時で、起きてちょっと支度したらもう午後の仕事に行かないといけない。案外時間がない。前のホテルの時は、あと2時間は時間があったからこの2時間は大きい。勉強用のテキスト何冊も持ってきたけど全く見る体力がない。

 

特段話す相手もいないし、職場では相変わらず気を使うし、つまんないなーと思っていたけど昨日は人間関係に少し変化が起きた。

私が働いているホテルはワゴンで食べ物を提供するサービスがあるんだけど、ワゴンは重いし、回りながらお客さんのお皿も下げて、お酒の注文もとって(ホールスタッフの仕事)何度も何度もフロアを回るんだけどこれが単純だけど地味にシンドイし辛い、その上暑い。

回っていると三半規管が弱い関係か目が回って気分も悪くなるしちょっと休んでたらホールの社員に回れって怒られるし(あなた達の仕事でしょ?本来)

自分でも気づかない間に死にそうな顔してやってたら、別部署のヘルプの社員さんに「大丈夫か?暑いけど頑張れよ」って声かけられてなんか泣きそうになった。

実は私、来た時より表情が暗くなってて周りの人に心配されていたらしい。。(辞めた社員さんの後日談)

なんだか申し訳ない気持ちになった。

私大人なのにすぐに顔に出るからな。。反省だな。

だからか、調理場のおじさま達は大丈夫か?とか慣れたか?とか聞いてくれたり(聞かれる度申し訳ないなと思ってしまう)

この間は別部署のおば様が今度皆で遊びに行くけど行かない?ストレス発散しよう、って誘ってくれたり。。

和食のベトナム人シェフが日本語教えてくれーって話しかけてきてくれたり。

もういなくなるんですけどー!

なんか皆さんの心遣いが心苦しいわ。

同い年のベトナム男子も、昨日なぜかオロナミンCを差し入れにくれたり(やさしいよー)ちょっとづつ、ここのひとたちにもなれてきて・・。

そうだよねー一か月あたりからちょっとづつ人間関係できあがっていって3か月たった頃には寂しいーってなるんだよねー。

前回の経験上、一か月過ぎたらあとは流れるように過ぎていく。ここで一か月経ったから、たぶんこんなもんだと思えば3か月過ごせるとは、思う。

ただもう辞めるって決めて既に報告してしまったし、2月に後任も来るみたいだし。次はあとがないから、やるしかない。それだけだ。

派遣は確かに合わなければ辞めればいいだけ。でもその後辞める旨を色んな人に報告したりだとか、次の派遣先を探したりまた移動したり(自腹)めんどくさい。でもこれも勉強だ。そう思って前に進むしかない。

やっぱり一か月耐えらえるかどうかがキモだな~リゾバは。 

さー最後の週は地獄の6連勤だ。最後にたぶん死ぬな、私。

リゾバの理想と現実~リゾバ2週目~

こんばんは。おまつです。

年末年始フル稼働して新年3日目にしてやっとお休みをもらえ屍と化してました。

昼まで寝、動画を見、食ってはまた寝の繰り返し。

外に出る元気もなくやっと夜が更けた頃にのそのそと温泉に入るために外出。

売店で買った酎ハイを楽しみに寮に戻って飲もうとしたら手元が狂い缶をひっくり返して半分位酒がなくなりました。冷蔵庫を前に座り込んでしまいました。絶望。

この言葉が頭の中を駆け巡りました。そんな新年。

年末年始。世間が1年の疲れを癒している間、私たちは働いています。

何も感じることなくただ働いています。

ここは会社のシャトルバス以外の交通手段もなく完全に町から隔離されているので、地方から来た社員さんは帰省することも許されません。正直ちょっとかわいそうだなとは思う。

年末年始のリゾバはメリットないです。ほんと、正月手当ほしい。手当ないとやってられない。そんな不満で始まった新年。

 

ここの現場をやめる!と決めて残り2週間。

短いようで長い。

労働時間が長いから。

交渉してやっと毎日10時間半。。。

他の調理の派遣さんも残業60時間超えしてるらしく、これ以上超えたらヤバイ的な会話を社員としていて驚愕しました。これが普通って。。稼げるとかの問題じゃないし、ここまで拘束されてまで稼ぎたくない。

お客さんにとっては特別な時間、空間だがただただ働くものにとっては地獄でしかない。

ここは、前回も述べたが生活環境はそこまで悪くないし食堂のごはんもまぁ美味しい方。

温泉も入れる。

ただ、つまらない。

私にはしっくりこない。何かが足りない。

それは、

一緒に頑張る人がいたり、愚痴を話す相手がいないから。

人との交流って自分にとって思った以上に大事だったんだな。

 

現在の私の友達は9割テレビのお笑い番組(テレビに本当に感謝)か、1割ベトナム男子。(癒されはするが言葉が通じなさ過ぎて時々めんどくさい)

 

今回は派遣会社のリピーターが多いの一言で3か月契約をしてしまったが、その言葉に安心してはいけない。

なぜならリピートするかどうかは当たり前だが人それぞれだから。

リピートする人が多いからと言ってそれが自分にも当てはまるとは限らない。

それに、人間関係がいいと派遣会社が言っても派遣なんてメンバーが流動的だし、社員さんの異動だってあるし、(良い社員さんがいなくなったり問題社員が来たり)

自分が派遣された時期のメンバー構成や人数によっても働きやすさは変わってくる。だから一概に人間関係良好や環境良好は鵜呑みにしない方がいい。派遣会社も概要しか知らない場合も多い。結局は実情なんて行ってみないとわからない。

人生は選択の連続。

 

リゾートバイトはまさに博打だ。

ただ、どんな現場に行っても、学ぶことはたくさんあると思うし、自分の選択に間違いはなかったと信じたい。

私今季節労働中

こんにちは。なんと1年半ぶりになってしまったこのブログ。

とりあえず空白の期間をざっと書き起こそうと思う。

 

2018年3月 日本語学校退職

   4月~7月 フィリピン英語留学

   8月~11月 北海道で季節労働(リゾートバイト)

   11月~12月 約3週間台湾&ミャンマー旅行

   12月    北海道季節労働再び→今ここ

 

2018年の私は大きく移動した。ずっとずっと関西で、地元で、実家でくすぶってた分外に出た。外に出たら友達がたくさんできて、自分も色んな意味で変わって少しだけ自分に自信も持てた。

色んなことが起きた。それは現在も進行中。

やっぱりちゃんと自分の言葉で残していこうと思って再び立ち上がった。

しばらく書いてないことが多すぎてどこから書けばいいかわからないが、とりあえず現在の状況を振り返りつつ過去のリゾバについても書ければと思う。

現在私は北海道のとある温泉町で働いている。

ここを選んだ理由は

  • 個室
  • 札幌まで無料バスが出てる
  • 食費寮費無料
  • 温泉入れる
  • パティシエ補助というめずらしい、良さげな仕事
  • 延長者多い

という理由でここなら大丈夫だろう、と思って3か月で契約した。

しかし、私は1か月でここを満了することに決めた。

正直、生活環境は文句ない。ごはんも美味しいし、部屋にベッドもあるしテレビもある。周りにコンビニとか何もないけど、乗り合いの無料バスで町には出られる。

でも。。来てみないとわからないことが多い。

それがリゾバの恐ろしいところ。

3か月は短いようで実際は結構長いもの。

安易に3か月契約するもんじゃない!本当・・

来てみてなんか違うと思ってしまった理由

派遣が自分しかいない

私も派遣会社にちゃんと確認しなかったけど、来てみたら派遣が自分1人であとはほぼ社員さんと現地雇用のパートさん。

前は派遣や外国人学生のインターンがたくさんいて、わいわいやりながら働いてたのでやっぱり寂しいなと思ってしまったのが正直なところ。

ここのホテルのグループ自体派遣をあまり採用しないそうでそもそも派遣がいない。。

これなら前のホテルに戻ってもよかったなーと後悔ばっかりして最初に2,3日は前のホテルに戻りたい、そればっかり考えて涙目になっていた。

拘束時間が長すぎる

朝6時に出勤して、午前にあがる時間がお昼の12時、長くて12時半。

2時間半休んだらまた午後の出勤。トータル12時間近い労働。

残業多めとは聞いてたけどこれは聞いてない!!

これも派遣会社にちゃんと確認すればよかった点。

30代のおばはんが毎日12時間労働はきつすぎる。

 

厳しい職場環境

基本的に社員さんが仕事を教えてくれるのだけど、職人さんだから教え方が基本的に必要最低限しか言わない。少ない言葉や指示を読み取って動かないといけない、もたもたしてると社員さんが全て先にやってしまう、いつまでも覚えられない。ザ・職人の世界。

 そして皆さん忙しくて仕込みがあるので基本的にレストランの実演は私1人任せ。

誰も様子を見に来ない。

新入社員の子にメモをとれ、メモを見るくせをつけろ、と基本中の基本な注意を受けたのが一番きつかった。

最初は一緒にご飯たべましょ、などフレンドリーでいい子だなと思ってたが。仕事中は態度や言うことが厳しくて、おそらく自分が仕事中に先輩から受けたやり方をこっちにやっている様子。は?って顔されたり、うんざりした顔をされたり。

仕事内容に責任がありすぎる

基本的に職人さんの補助、としか聞いてなかったけど、ふたをあけてみるとレストランのオープンの準備、クローズから次の夜の準備、仕込み等すべて昼までに1人でできればやってほしい。前の派遣はそれをやっていたとのこと。

バイキング用のケーキを切っておく仕事もあり、1度メモをしただけで、実際に1人で切ったこともないのに、無理そうですか?(無理と言えない空気)と聞かれメモ見てやってみますと言ってしまった自分の気の弱さ。。

基本的に新入社員曰く質問は2回まで。メモを見てやれ、なスタンスな様だ。

下手な事をしたら怖いと思い質問してるのに、見たらわかる、とかやればわかるとしか言われなかったり、入って1週間もしないのにお客さんの人数を確認して自分の感覚で仕込み準備しろ、と言われたのはびっくり。

え、この人達私が経験者だと思ってる?!

私は見習いでここに来たんじゃない。それにこの必要最低限しか言ってくれない女の社員さんとうまくやっていける自信がない。

一刻も早くここを出たくて、6日目に派遣会社に電話。

総務と話し年末年始は移動は難しいと言われ、その後上司から電話がかかってきた。

正直もうやめたいから、話し合いとかもういらないんだけど。。

話している間に、結局1か月はここでやると言ってしまった。

マネージャーさんは仕事中厳しいけど、いい人で、体力がきついなら時間を早くきりあげてもいい、やりたくない仕事があれば言ってほしい等言ってくれた。

けど、もう辞めたくて既に心が折れてる頃に改善策を提案されても心苦しいだけだった。最初からそう言ってほしかった。

 

そして次の日から社員さんの態度急変。

何が辛いか、とか無理なら言ってください等気遣いの言葉が。

最初からそうしてくれよ!

最初の脅しのような、私が時間内に全部やらないといけないっていうのは何だったんだよ!

あんなに委縮させといてもう元に戻らないよ!態度急変されるのも怖いんだけど!

 

ここでは、気軽に話せる相手はベトナム男子社員と私の愚痴を聞いてくれたおじさん派遣。売店派遣のお姉さん。自分の職場には気軽に話せる人はいない。正直やりにくい。

厨房に戻るのが気まずくてしんどい。

神経疲れでぐったりする。

 

でも、ここで一か月は、頑張る。

これは決めたことだ。けじめはつけて、次に向かおう。

なんかすーごい愚痴ブログになったけど、備忘録として書き記していこうと思う、私の季節労働ブログ。年末最後までバタバタな私の人生。

 

エレファントカシマシ伝説の渋谷公会堂ライブ ZEPP東阪同時上映ライブへ行ってきた【2017.7.11】

今年はエレカシ30周年ということで色々盛り上がってますよねー。

昨日は1989年9月、デビュー半年後に行われたあの伝説の!客電つけっ放しライブの上映があるというので気合入れて即チケットを取り行って来ました。

気合入れたのに当日券は発売されてるしTwitterでチケット売ってる人もいてちょっとがっかりしましたが・・。

www.youtube.com

f:id:omatsu17:20170712161901j:plain

f:id:omatsu17:20170712161849j:plain

でも大音量で座ってゆっくり見られるのはいいですね。

世界初!東阪同時上映するならご本人達のメッセージコメントとかあればよかったなとちょっと思いました。まあ普通に始まりました。

 

この映像、youtubeとかでもちょこちょこ上がってるので見たことはあったのですが

やはり大音量とスクリーンで見ると、その当時の空気感とか雰囲気が感じられて80年代を過ごしたわけではないけど何か懐かしなーと感じました。

ああ、昔のいくえみ綾とか紡木たくとかの漫画で見た世界だーって感じ。

あのウエストまであげてベルトで留める細身パンツとか、ジャケットとか、チェッカーズっぽい髪型とか。。でっかいリボンつけてる女性とか。。

 

そもそもなんで舞台セットが後ろに箱馬とか板とか置いたままなんだろう。

なんで客電つけっ放しなの。

なんだ、この文化祭みたいなコンサートは。

若い人からおじさんまでいるし(そして終始座りっぱなし、盛り上がる様子もなし、じーっとみている人も。)

この客層は一体・・でも2階席までいる・・。

素朴な疑問が次々と沸き上がりました。

 

29年前の、21歳の宮本センセーは血気盛ん!生意気盛りな若者でした。

かわいーwwモテただろうなぁ。

トミは2曲目あたりから上半身裸でドラム叩いてましたね。

イシくんのペラッペラの皮パンツは終始気になりました。

 

センセー、歌うとやはりこのときから場を魅了する力がすごくて圧倒されるんだけど、この80年代にはまだこの凄さに時代が追いついてない空気を感じました。

歌ってる内容も多分この時代にはウケない感じなんだろうなぁと。

 

「もう慣れちゃったんだよ。これが30(歳)になったらさぁーもっと慣れるんだよ」みたいな、大人になる事とか業界に染まる事に抗うかのような事をつぶやいていたのが若い・・。そして缶のポカリスエット!!懐かしい。

あと、今よりくにゃくにゃよく動いて軟体動物みたいでした。センセー。

 

そして悪態つきながらも、怒りと若さと勢いで歌っていて今みたいな歌う時の優しさがないなーと思いました。「やさしさ」の歌い方とか今と全然ちがう!全然優しくない!(笑)それは後に色々な苦労や悲しみを乗り越えて身に着くものなんだけど。。昔失ったものの代わりに今身に着けたものを、ファンは同時に感じられて面白かったですね。

 

個人的に「ふわふわ」が大好きなので大音量で聞けて嬉しかったです。

ふわふわって本当若い時に作れる曲だよなーって思います。

www.youtube.com

今は歌ってくれないのかな。

70分あっという間でしたが、昔の空気が感じられる貴重な体験でした。

次のエレカシサマソニです。

f:id:omatsu17:20170712161907j:plain

【食レポ】大阪名物!わなかのたこ焼きを初めて食べに行った

また仕事終わりにランチのため天神橋筋商店街をぶらぶら。

商店街って楽しい。

あ、私の食レポは基本女性が1人でも入りやすい店を紹介しようと思います。

 

今日は大阪のたこやきと言えば、色々ありますが名店のわなか天四店へ行ってみました。

私は神戸在住なのでたこやきってそんなに珍しい存在ではないんですが、神戸に名店は展開していないんですよねー。

2016年のミシュランガイドにも掲載されているそうですね。

f:id:omatsu17:20170712161921j:image

 

愛想の良いお兄さんがオーダーをとってくれました。

ドリンクセットも各種ありますが純粋にたこやきだけいただきました。

8個いり450円です。

f:id:omatsu17:20170712161949j:image

イートインのスペースがあります。

冷房がきいていて気持ちいい。2時過ぎに行ったのでお客さんは私一人でした。

お水もセルフサービスで置いてあります。

テレビもついています。庶民的でいい感じ。

f:id:omatsu17:20170712161915j:image

待つこと5分くらいできました!たこやきソース味!

鰹節でたこやきが見えないくらいたっぷりww

激熱で3つくらいまでは食べるのが困難でした。

敷いてあるピンクの紙が何気にかわいいなと思いました。


f:id:omatsu17:20170712161928j:image

ちなみに最初に食べた1個目がたこが2つ入っていてラッキーでした。

外はもちろんカリカリ、中はとろけるような柔らかさです。

出汁の味もよく出ています。

たこはぷりぷりと言うよりかは柔らかめでした。

お客さんがいなかったせいもあってゆっくり涼しい中堪能できました。

難波や千日前と言ったザ・観光地じゃないしね。

この30度超えの暑い中、たこやきを焼くお兄さんに少し萌えてしまいました。

個人的にたこやきを焼く技術ってかっこいいなーと思ってしまうのです。

 

やっぱり大阪は安くておいしいものが多いのでそこは!良いなぁと思いますね。

ごちそうさまでした!

takoyaki-wanaka.com

【食レポ】天神橋筋商店街にある本格タイ料理屋 天満3パクチーへ行ってきた

こんにちは。おまつです。

私は大阪にある日本一長い商店街「天神橋筋商店街」の近くで働いています。

この商店街には美味しそうな飲食店が集結しており、月に何回かのランチの楽しみになってます。いつも職場に向かう途中で気になっていたタイ料理屋さん。

パクチー3という、妙に印象に残る名前。

カジュアルな感じで1人でも入りやすそう。ということで早速ランチに行って来ました!

f:id:omatsu17:20170710162221j:image

 

2時過ぎに入ったので店内は空いていました。

お好きなところへどうぞ~と言われ中へ。店の中は縦長です。

明るてカジュアルな感じなのでおひとり様でも大丈夫な雰囲気。

タイのローカルレストランを思い出すなぁ。

f:id:omatsu17:20170710162230j:image

お店のイチオシ!忙しいあなたへ特急便ランチ

f:id:omatsu17:20170710162314j:image

なぜ特急なんだろう、と思いましたが関西人はせっかちだからかなと思いました。(実際せっかちだし)

初めてだったので特急便ランチを注文しました。色々食べられて790円。

安い!プラス70円でガパオライスに目玉焼きが乗せられますが今回はなしで注文しました。

f:id:omatsu17:20170710162359j:image

他のランチメニュー。

定食って書いてあるので多分ランチ以外に行ってもこの値段で食べられるんだと思います。単品690円、定食850円って安い!!

タイ料理好きなんですけど結構値段が高いところが多くないですか?!

麺を注文した場合は麺のセレクトもできるみたいですね。

f:id:omatsu17:20170710162408j:image

そしていいなぁと思ったのがこのちょい食べメニュー。

ありそうで、ない気がする。

1人で色々試したけど少量で良いって時にちょうどいい!

それに200円迄って言うのがいい!おひとり様にやさしいですね。

 

待つこと3分で運ばれてきました。特急ランチ!

f:id:omatsu17:20170710162347j:image

内容は左のごはんがガパオライス(豚肉とバジルの炒めもの)、からあげ、ミニサラダと、右がグリーンカレートムヤムクンのセット!

白いのはタピオカ入りのココナツミルクのデザートです。

お盆が小学校の給食を思い出すようでかわいい。

f:id:omatsu17:20170710162442j:image

からあげはお好みでスイートチリソースをかけてください♪とのこと。

ナンプラー等各種調味料もそろってます。

f:id:omatsu17:20170710162423j:image

ご飯はタイ米でパサパサしてるのかなぁと思ったらふっくらしていました。

お肉の味付けも食べやすいように甘辛く味付けしてあるのでご飯が進みます。

f:id:omatsu17:20170710162338j:image
スープ好きな私としては2種類も楽しめるのがうれしい。

グリーンカレーは辛すぎず、ココナツの濃厚なクリーミーさが口の中で広がります。

中に茄子とパプリカと鶏肉が入っています。

トムヤムクンも、エビの出汁がきいていて、うまみたっぷり。

程よい酸っぱさで食べやすかったです。

どちらも暑い夏に食べると元気が出そう。

f:id:omatsu17:20170710162431j:image
デザートのタピオカ入りのココナツミルク

スパイシーな味を堪能したあとにまろやかで濃厚なミルクの味が楽しめます。

タピオカはぷるぷるしていてのど越しが良かったです。

結果、どれもはずれなし!日本人向けの味にし過ぎず、しっかり本場のタイの味が楽しめるお店です。値段が安いのと1人でも入りやすい雰囲気が気に入りました。

次回は麺系も注文してみたいしパクチートッピングもしたいなぁ。

というか、またタイに行きたくなりました。。

 

天満3パクチー

 ランチ:11:30~15:00

ディナー:17:30~22:00

 

お店のHPがありました。元は京都で展開されているお店なんですね。

オーナーのご夫婦が元々世界一周をされたバックパッカーで、お店の経営を通してタイに2015年に学校を設立されたそうです!素敵すぎるお話です。

www.green-curry.co.jp

 暑くて元気がない時はタイ料理で乗り切りましょう!

おまつでした。